講師

 

太鼓唄 七海

監修・指導

山本流日本太鼓塾師範

兵庫県出身。10代から日本全国の太鼓団体、郷土芸能を訪ね歩き、日本の組太鼓のルーツ・長野県の諏訪大社太々神楽「御諏訪太鼓」創始者の故・小口大八氏、故・山本幹夫師のもとで約10年間、内弟子として学ぶ。
民謡歌手・太鼓奏者の木津茂理・かおり両氏に民謡太鼓を師事。
その他、韓国打楽器、ドラム、絃楽器、発声法など、さまざまなジャンルの打楽器や多くの楽器を専門家について学ぶ。
10代より演奏家としてアメリカ・フランス・インドネシアなど各国の公演に参加しながら、指導助手としてもNHK大河ドラマ始め舞踊家・音楽家の太鼓指導や各種学校・施設で太鼓指導にあたり10年間、助手をつとめる。
和楽器全般、アジア楽器、洋楽器、電子楽器など様々な演奏家と共演。
2001年より和太鼓の専門家として約10年間、専門雑誌に携わり、音楽教科書ワーク、CD紹介本などの執筆も行う。各地の郷土芸能を調査するプロジェクト中に、郷土芸能が各地で廃れている現実を知り、故郷・兵庫県に拠点を移し、地方を盛り上げる芸能制作、プロデュースをスタートさせる。
2010年さとおと太鼓教室・関東教室(横浜)、2011年関西教室を開き、地域住民や学校を音楽や芸能によって結びつけ,地方を盛り上げて行く芸能制作を手掛け続けている。

■主な執筆

・日本音楽専門誌「邦楽ジャーナル」(2001-2011)
・津軽三味線と太鼓の専門誌「バチバチ」(邦楽ジャーナル)
・中学校教科書ワーク(学宝社)
・邦楽200CD邦楽(立風書房)ほか

■大型ワークショップ・講座の企画・制作・指導実績
2010 文化庁「子どものための優れた舞台芸術体験事業」講師に選任
2010 世代間交流学会(兵庫教育大学)主催の「世代間交流活動 ぽんぽこ音あそび」(ワークショップ製作・演奏・指導)
2011 兵庫県乳幼児子育て応援事業」(プロデュース・演奏・指導)
2012 兵庫県立高校インスパイア講師(和太鼓)に選任
2014 JICA「アフリカ地域 地域保健担当官のための保健行政B(仏語圏)」(指導・演奏・舞台プロデュース)
2015 農業と音楽とのコラボレーション「農村にしごと唄ワークショップ」(しごと唄監修・演奏・指導)
2015 兵庫県宝塚市事業(作曲・振付・演奏・指導)ほか

■指導校
イギリス・シュタイナースクール/オーストラリア・ワナルー高校/東京都立東大和高等学校/桜華女学院高等学校(東京)/長野県岡谷南高等学校/長野県岡谷市北部中学校/西部中学校(長野)/オーストラリア ワナルー高等学校/ 諏訪養護学校(長野)/緑が丘小学校(兵庫)/緑が丘東小学校(兵庫)/えびす保育園(兵庫)/広英保育園(兵庫)/横浜国大附属小学校(神奈川)/釜利谷中学校(神奈川)/三木高等学校(兵庫)/売布保育所(兵庫)/海響太鼓(長野)/万年太鼓(長野)/八幡本陣ともえ太鼓(福岡)/三木太鼓(兵庫)/三木武陣太鼓(兵庫)/日本太鼓塾(神奈川)/芦屋山手太鼓(兵庫・芦屋市)/母里保育園(兵庫・稲美町)/小浜保育園(兵庫・宝塚市)/売布保育園(兵庫・宝塚市)/ほか



勝野奈緒美 Naomi Katsuno

さとおと太鼓教室講師
武陣太鼓代表・講師

淡路島出身、神戸市在住
子供の頃は、地元のだんじり唄の太鼓に憧れを抱く。高校から社会人まで吹奏楽で打楽器を担当し、全員で1つの音楽を作り奏でる楽しさを知る。全日本アンサンブルコンテストでは、粘り強くやり抜く力を培い金賞受賞。淡路島で和太鼓を始め、太鼓の響きや奥深さに魅力を感じる。
2017年3月、さとおと太鼓教室の講師認定、9月から子どもクラスや小学校の和太鼓チームの指導に携わる。
地域団体・郷土芸能継承者・高校生有志による地域活性化のための和太鼓グループ「武陣太鼓」代表。祭りを共に盛り上げていく一員としても関わりを続ける。和太鼓を打つことで自ら自分の可能性に気づけるような活動・きっかけ作りを目指している。

■公演・ワークショップ・講座の企画・制作・指導実績
2017 芦屋市コミュニティスクール和太鼓講師
2018 寿福寺大般若転読法会イベント「心に響く太鼓唄 七海の世界」出演
2018 パナソニック100 周年サマーフェスティバル出演
2019 「作曲家と演奏家による組太鼓・新作公演 風の太鼓〜インドラの網(宮沢賢治作)に寄せて」(ピフレホール)出演
2020 三木武陣太鼓、International Buzin Taikoクラスを含める地域活性化グループ「武陣太鼓」代表就任

■指導校
芦屋山手太鼓(兵庫・芦屋市)/ほか

篠笛講師

あかる潤
八百万の声(やおろずのこえ)を求め日本の横笛を研鑽している。 学習院大学文学部史学科卒業。NHK邦楽技能者育成会50期卒業。助六太鼓笛講師。 出雲大社楽人を務めながら雅楽、田楽笛を経て、長唄の竹笛、能管を研鑽。赤坂日枝神社、広島厳島神社、他各地奉納演奏や助六太鼓、御諏訪太鼓、など様々な和太鼓団体と共演を続ける。また「アンサンブル室町」、「日本音楽集団」に所属し、現代音楽アンサンブルの演奏活動にも参画している。幼少より母からピアノの手ほどきをうけ、曾祖父である作曲家弘田龍太郎(「浜千鳥」「春よ来い」等)の作品群の和楽器編曲、歴史と映像と音の融合など温故知新の創作活動をライフワークとする。昨年はドイツ、ジョージアなど海外公演にも参加。2016年4月はベトナムハノイの世界遺産タンロン城ステージおよび現地イオンモール特設ステージで和太鼓と創作舞踊のショーを企画し、数千人規模の動員を実現した。
個人ウェブサイト http://akarujun.silk.to

更新日:

Copyright© 郷音舎 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.